火災保険の知識

屋根修理_水道修理_ウーバーハウス

ご存知でしたか?災害があった場合保険会社に対して加入している方々に保険活用の案内をするよう国は保険会社に要請をしておりますが保険会社は被保険者にそのような連絡はしていません。

火災保険はご自身で保険会社に連絡し保険申請をするしかないというのが実情です。

火災保険は風災や水漏れ等の被害にも対応しています。その他にも屋根のズレやカーポートの修理強風であおられた玄関の傷なども修理雨どいの破損などもその対象になっております。

このような事実を知らずにただ火災保険の保険料を払い続けているような方々がとても多いです。それだとただの火災保険料の掛け捨てになってしまいますのでもったいない。

火災保険での修理の現地調査や見積もり等サポート費用は全て無料

お客様の中には火災保険を使うとなると不安に思ってらっしゃる方も多いと思いますが、そのような必要は一切ございません。加入してらっしゃる火災保険の保険会社との関係が悪くなるようなことも全くありませんのでご安心ください。

火災保険を使ったからといって火災保険の費用が上がってしまうのではないかと心配されている方もいらっしゃいます。車の保険とは違い火災保険には等級等はありませんので火災保険を使った後に火災保険料が上がるような事はありません。

ただ屋根や雨どい外壁等の経年劣化では火災保険は使うことができません。あくまで自然災害のみで火災保険を申請することが可能になります

また保険会社から被害が認められ給付金がお客様の下で入った後も必ずしも修理をする必要はございません。修理するかどうかはあくまでお客様の意思に委ねられているので将来の貯蓄のしたり、外壁の塗装や様々な経年劣化の工事の資金にしていただいても何も問題ありません。

ご自身の自宅で台風や突風、川の氾濫で水浸しになったなど自然災害でどこか修理が必要になった場合はぜひ当社にご相談ください。

専門のスタッフがすぐにお客様の元へ急行し火災保険の申請が可能かどうかなど被害箇所を拝見させていただき迅速にご対応いたします。

火災保険を使った雨どい破損修理のすすめ

梅雨時や台風シーズンなど、激しい雨が降ることがよくあります。その際、雨どいの破損や水漏れが起こることがあります。また、火災保険を利用して雨どいの修理を行うことができますが、多くの方がそのことを知らずに放置してしまっています。

雨どいは、屋根から落ちた雨水を建物の周囲に流すために設置された排水溝です。しかし、台風などの強風によって雨どいが破損することがあります。また、落ち葉や枝、ゴミなどが詰まっていると、雨水が流れずに雨どいの中で溜まってしまい、水漏れの原因となることがあります。

火災保険を利用することで、雨どいの破損や水漏れなどの修理費用を保険で補償することができます。火災保険は、火災だけでなく、自然災害や事故などの様々なリスクに対応した保険です。雨どいの修理費用も、これらのリスクの一つとして保険で補償されます。

火災保険を利用して雨どいの修理を行う際には、まず保険会社に連絡して、被害状況を説明し、保険金請求の手続きを行います。保険会社が認めた場合、修理費用の一部または全額が保険金として支払われます。

しかし、保険金が支払われるまでには、手続きや調査、審査などが必要となり、時間がかかることがあります。また、修理費用が保険金の範囲内に収まるかどうかも調査されるため、修理費用が高額になる場合は、一部負担が必要になることもあります。

そこで、雨どいの修理を行う際には、プロの業者に依頼することが重要です。雨どいの修理は、素人が行うと不具合が残ったり、修理箇所が広がることもあります。

屋根工事_大野城市
雨樋工事_宗方

関連記事

  1. 福岡県福岡市城南区の屋根の修理

  2. 雨樋の破損で屋根が錆びる!?

  3. 屋根修理/福岡県糸島市神在

  4. 雨どい修理 福岡県福岡市早良区野芥

  5. 強風の後に注意すべき雨樋や屋根

  6. 福岡県福岡市東区箱崎アパートの屋根修理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。