梅雨時期に気付く雨樋のつまりトラブル!

雨樋修理_雨樋補修_屋根修理

毎年、梅雨の時期になると相談を頂く雨樋つまり抜き作業!

雨樋は雨が地盤に流れないように雨水マスまで雨水管で繋がっています。
晴れている日は雨樋を見ても詰まっていることを発見できません!
雨が降り屋根を見たら雨樋の側面から水が流れていたり、酷い場合だと蛇口から出てくるような雨水の量で雨樋から水が漏れているので異音に気づくこともあります。

雨樋詰まりの原因とは?

雨樋つまり_原因

雨樋つまりの原因は、主に屋根の汚れが雨によって流れ汚れが蓄積していき詰まります。
他には風が強い日などに枯れ葉などが飛んできて、それもまた年々時間が経つにつれて詰まりの原因になります。
近所に森林などがあるご家庭は枯れ葉のつまりは頻繁にあります。
その場合、枯れ葉対策として雨樋ネットという雨樋専用の筒状のネット雨樋に取り付けることによって雨樋詰まりを防ぐことができます。

他には建物の経年劣化などにより雨樋自体の勾配がずれてしまい上手く流れないこともあります。

では、もし雨樋が詰まってしまった場合の対処法としてご説明します。

雨樋の詰まりの対処法

雨樋_つまり_除去方法

先ず雨樋というのは高い屋根の位置にありますので危険が伴う高所作業になります。
屋根に上がり作業をするか三連梯子を使って作業をします。
作業内容は一般的に多いのは高圧洗浄です!
雨樋の高圧洗浄をする場合は下水管と同様で勾配があり上下が決まっていますので上の部分から汚れを落としていきます。
私たちがお客様に説明するときは、人間に例えます。
人は身体を洗う時は頭から洗います。
上から汚れを下に流していく基本ではないでしょうか!

雨樋も家庭内排水管も同じです。
もっといえば外壁塗装をする前に外壁の高圧洗浄がありますが、外壁洗浄でも同じ要領で汚れを落とします。

そして軒樋を洗い縦樋洗浄に進むわけですが、縦樋に関しましては特殊な洗管ホースを使います。
洗管ホースは人差し指くらいのホースでホースの先端から逆噴射で水がでます。
機械の容量にもよりますが、電気式だと蛇口から水を全開で出した場合の7倍から10倍くらいです。
エンジン式になると25倍から40倍近くの水圧になります。

その時に注意するべきことは、雨樋の劣化の状態や詰まりの度合いを調査して高圧洗浄機を選別します。一般的に多いのは電気式になります。
どちらにしても費用が変わることはありませんのでご安心ください!

よく、詰まっているところだけの作業でお願いしたいとご依頼があります。も
ちろん部分作業の対応も可能ではありますが、進めているのは全体的に汚れを落とすことです。
やはり一度詰まってしまうと問題部分以外で詰まり掛けている部分があります。
再発を予測して全体的に綺麗にすることが必要に思います。

雨樋掃除ならウーバーハウスにお任せ!

ウーバーハウス_UberHouse_福岡

ウーバーハウスは、即日対応が可能です!便器のつまりなどとは違い雨樋のつまりというのは緊急性が低いので当日でなくても良い場合があります。逆に地盤の状態や雨樋から漏れている量などから当日に改善した方が良い場合もありますので、雨樋のトラブル時には一度ウーバーハウスにご相談ください。

現在、フリーコール以外でもLINE登録を頂きましたら画像から状態の説明をさせて頂きます。

先ずは現状を知って頂き、原因と改善の為の対策をお伝えします。

お見積もりに関しましては、画像から概算で出る場合もありますが詰まりの状況や作業環境から正確にお見積もりするため現場調査を優先します。

ウーバーハウスが対応する作業に関して全て作業は、お客様へお見積もりを定時してからの作業着工になります。お見積もり金額以外は負担する費用はありません。

又、雨樋の詰まり調査から雨樋の破損などを発見した場合は火災保険や県民共済などで費用が負担される場合もありますので、合わせて現状報告をお客様へ致します。

雨樋のトラブル、屋根のトラブル時は、お気軽にウーバーハウスにご相談ください!

<フリーダイヤル>

0120-995-414/24時間受付・365日対応可能

屋根の修理トラブル解決
雨樋工事_宗方
屋根工事_大野城市

関連記事

  1. 外装塗装についてのノウハウ

  2. 福岡_早良区_雨樋補修工事

    雨樋補修工事 早良区野芥

  3. 雨樋_詰まり_除去

    雨樋修理は早めの対処が必要です

  4. 福岡_柳川_雨樋補修工事

    福岡県柳川市 雨樋補修工事

  5. 雨漏り_屋根修理_福岡市城南区

    福岡市城南区 屋根修理

  6. 福岡_九州_屋根

    雨樋修理と瓦修理の無料お見積もり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。