台風被害の雨樋修理

屋根修理_水道修理_ウーバーハウス

先日、福岡市南区井尻で雨樋修理のご依頼を頂きました。弊社に雨樋修理のご相談を頂く場合の大半が台風被害になります

台風被害といっても建物の向きや周囲の環境によって受ける被害は変わってきます

福岡市南区井尻の雨樋修理

雨樋修理_火災保険対応

今回の福岡市南区井尻のお客様のご自宅は、敷地面積が広いこともあり通常では一階部分の雨樋が破損することは考えにくいのですが二階部分の雨樋と同様、一階も台風被害で雨樋が破損してしまいました

勿論、台風被害の修繕になりますので住宅火災保険の風災害に加入されていれば、保険申請をし自己負担なしで雨樋の修理が可能になる場合もあります

逆に見積もり金額の全額が認められない場合もあります。今回の福岡市南区井尻のお客様のご自宅は修繕費用が見積もり金額の全額が認められず一部お客様のご負担になることになりました。

台風で雨樋が破損する理由とは?

台風は非常に強い風を伴い、建物に強い力を与えます。この風は、屋根の上での圧力差を引き起こすことがあり、その結果、雨樋が破損することがあります。

具体的には、風が建物の壁面に当たると、壁面に沿って上昇します。屋根の端に近い場合、上昇した風は屋根の上を通り、屋根の反対側に抜け出すことがあります。この時、風が通る隙間によって、屋根の上側の気圧が下がり、下側の気圧が上がります。このような状況になると、風が屋根に圧力をかけることになります。

この風の圧力によって、雨樋が破損することがあります。特に、強風が垂直に当たる場合、雨樋に強い力がかかることがあり、破損する可能性が高くなります。また、雨樋が古くなっていたり、劣化していたりする場合、風の力によって簡単に破損することがあります。

以上のように、台風によって雨樋が破損する理由は、風の強さと雨樋の強度の問題が大きく関わっています。建物のメンテナンスを定期的に行い、雨樋の点検や修理を行うことで、被害を最小限に抑えることができます。

火災保険で雨樋修理対応

火災保険_保険対応_修理費用

お客様からは火災保険で認められた金額内で雨樋修理を依頼したいとのご要望がありましたので、一度社内で現場担当者を含め考えて工事の時に必要な足場を使用しない提案を考えて工事着工することに致しました

一般的に雨樋修理や屋根修理、外壁工事などでは足場が必要になります。足場を使用することで現場担当者の安全を確保しスムーズに工事を完了させます

雨樋修理など屋根のことなら当社へお任せください

ウーバーハウス_UberHouse_福岡

福岡市内、又は福岡県内の屋根修理や雨戸修理をお考えの方は、お気軽にご相談ください!

お問い合わせは下記から!

ご相談やお見積もりなどすぐにご対応いたします!

屋根の修理トラブル解決
屋根工事_大野城市
雨樋工事_宗方

関連記事

  1. 雨樋の歪みはなぜ起きてしまうのか?

  2. ウーバーハウス_屋根

    雨樋が詰まり流れない

  3. 破損かも?雨樋の異変とその例

  4. 福岡県飯塚市桂川雨どいの清掃

  5. カーポートの劣化!気付かぬうちに進行している

  6. 瓦補修_瓦止め_瓦修理_屋根修理_福岡市

    台風に備える瓦調整、瓦止めは二次災害を防ぎます!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。